鍵開けだけで終わらせない~金庫の鍵を紛失したときにすること~

鍵屋に依頼すると会社の金庫も開けることが出来る

鍵開け業者に依頼するだけの対処で終わらせない

金庫

会社の金庫の鍵をなくした場合、鍵開けを業者に依頼するだけで終わらせないようにしましょう。鍵を紛失したままにせずに適切な対処をする必要があります。ここでは適切な対処方法を紹介しますので確認しておきましょう。

警察に届け出を出しておく

鍵をなくした場合には、警察に届けを出しておきましょう。鍵を紛失したことで犯罪に巻き込まれることもあります。警察沙汰は大げさだと考えずに、鍵の紛失届けを出しておくといいです。後から鍵が発見されたときに連絡をもらえるので、解決した後でも安心することができます。金庫の合鍵があっても、紛失した鍵で悪用されることも考えると警察への届けは大事です。

自分の身の回りを確認してみる

カバン
鍵を無意識にカバンの中に入れているかもしれません。紛失したことに気が付いたらカバンの中を全て出して確認してみましょう。いつもカバンに鍵を入れない人でも一度はカバンの中を確認して無意識に鍵を入れていないか見てみましょう。
ポケット
ポケットの中に鍵を入れる人も多いのではないでしょうか。ふだんはカバンに鍵をしまう人でも不意にポケットにしまうこともあります。ポケットは触るだけでは分からず、角度によっては手を入れても分からないときがあります。ポケットを裏返して鍵がないかを確認しましょう。
車内
車に乗る人は、車の中で鍵を落としているかもしれません。車に乗ったときにカバンやポケットから鍵が落ちることもあります。車の中で鍵を落とした場合、見えない部分がたくさんあります、シートの下やドアポケット、鍵が入りそうな隙間などを隅々まで確認してみましょう。

合鍵を作ってもらう


会社の金庫の鍵を紛失してしまいました。鍵開けだけではなく、合鍵作成も可能ですか?
鍵開けだけでなく、その金庫についた鍵穴から鍵を作成することが出来ます。専門技術を持った作業員に任せてください。金庫の中には鍵の作成に対応していないタイプの鍵もありますが、鍵開けをすることは可能なので気軽に相談してください。
TOPボタン